「作品写真の客観視」

作品写真についてのおはラボ動画を見ていました。

作品写真って難しいですよね(|||O⌓O;)
写真のセンスがないのとモニターの色の違いにいつも頭を悩ませているので、とても勉強になりました。

私の部屋は窓が少ないのです。
なので撮影場所は常に一か所。
逆光での撮影が多いので、白く飛んでしまう場合が多いです。

パソコンで写真を取り込んでトリミングと色調を調整しますが、自分のパソコンのモニターの色と、スマホの色と、ノートパソコンの色と違うんですよね…。

一眼レフの設定をいじって、なるべく色味の近い設定にして撮りますが…難しい…。
着画もうまく撮れません…レンズ変えたらいいのかな。単焦点レンズばかり使ってしまう。

デスクトップのモニターはデザイナー御用達のEIZOなので、編集時はまあきれいに映っているわけです。
でスマホのiPhoneも少し明るくなりますが、そんなには変わらない。
問題はアンドロイドスマホとノートパソコン。
画像が明るすぎて白くなってしまいます。
基準はiPhoneしているので、明るさの調整を何度かやり直すことも多いです。

動画の中でまおさんが仰っていた「ぱっと見でお客様を迷わせない写真」という事。
色々と背景などの小物を集めたりしていますが、主役が必ず作品でないとだめですよね…。
今後は作品が何なのか、わかるように写真を撮っていきたいと思います。

あと色…これは本当に難しい…。
特に冬場は大変。
私の撮影場所+一眼レフは雰囲気写真になりがちなので、いろいろ考えたいと思います。

それから常にトップ画像にタイトルと対応金具を明記していますが…。
これはあった方がよいのか悩んでいます。
でも画像の力って大きくて、お客様も説明文よりも画像の文章を読んでくださっている場合が多いように感じます。
なのでこのままでいいのかな…。うーん…。
金魚を特集に取り上げていただいたとき、文字は邪魔なんじゃないだろうか…とも思いました💦

写真については悩みは尽きませんね。
一番大切なものだからこそ、勉強してよいものを皆様に見ていただきたいと思います。
頑張ろう。

ちなみに動画に出てきた「カメラ一年生」のご本。
図書館で借りてきて読んでみました。
数冊借りてきたいるので、自分に合ったカメラ本を吟味して購入したいと思います(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

今日のYouTubeライブも見ていて、まおさんの瞬発力と知識に脱帽しました。スゴすぎる!

ではでは。
今回も読んでいただきありがとうございました!